家庭用、産業用太陽光発電は創業26年の和上ホールディングス

太陽光発電の和上ホールディングス

特定建設業 許可(特-27)第144257号

久しぶりの更新です

2014年10月14日

こんにちは、石橋です。
いえ、お久しぶりですというご挨拶のほうがふさわしいでしょうか。
本当に久しぶりの更新で、すっかりご無沙汰してしまいました。

この期間は、私はこの世にいなかったわけではなく、まして塀の中に行っていたわけでもありません(笑)
本業一路、仕事に奔走しておりました。
太陽光発電をはじめとする住宅設備の業界にとって、ここしばらくは大きな転換期となったように思います。

完全にブームの様相を呈していた太陽光発電の普及劇も一段落して、今はその中身が問われる段階になりました。
何でもかんでも太陽光パネルを付ければ解決という話ではなく、太陽光発電を取り付けた結果どうなったのか?どの程度のメリットが得られたのか?という結果が求められています。
その流れに付いて来れなかった会社も、たくさんありました。
私がよく知っているところでも、そんな淘汰がありました。
「あの会社、大丈夫かな?」と思っていたところが、軒並み無くなってしまったのですから。

そんな会社で施工を依頼した人もたくさんおられるわけで、そんな人たちのアフターサービスはどうするのかという問題も多発しています。
和上住電にも、そんなご相談がたくさん寄せられました。
太陽光発電にかなり早い段階から参入をして、今も業務を続けているということは、それだけでも「あの会社に聞けば何とかなる」というイメージをお持ちになられる方が多いのでしょう。
そんな期待にお応えすることも、和上住電の会社としての使命だと思います。

そんなこんな月日は流れ、ようやくブログ更新ができる状態になりました。
これまで楽しみに読んでいただいていた方もたくさんおられたので、お待たせしましたと同時に、お待たせしてすいませんでしたと申し上げたいです。

最後の更新を見ると、コンテンツマーケティングのことに触れていますね。
和上住電は販売チャンネルをネットに特化しているので、このコンテンツマーケティングという言葉がなかった頃から取り組んできた会社のひとつです。
そんな会社の代表ブログが、半年以上更新されていないのは説得力に欠けますね(笑)

半年前、私はコンテンツマーケティングという新しい手法に大いに興味を持ちました。
それから半年が流れて、改めてその周辺を見ると、さらにその時代の流れは強まっているように思います。
今や、ネットで何かを販売したり伝えるには、それなりのコンテンツが必要な時代です。和上住電も色々なサイトやコラムを発信していますが、今後はこうした活動を積極的に進めていきたいと思います。
太陽光発電・住宅設備の会社で最もIT企業に近い会社という立ち位置を目指していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

当ブログでは、今後も太陽光発電や環境問題、ニュースコメント、ネットマーケティングの話題などをどんどん発信していきます。

コメントをお願いします

お問合せはフリーダイヤル0120-054-405までどうぞ!