家庭用、産業用太陽光発電は創業24年の和上ホールディングス

太陽光発電の和上ホールディングス

特定建設業 許可(特-27)第144257号

四国低圧発電所工事経過(3)

2018年02月20日

こんにちは

営業部の金子です。

 

本日は、前回の続きで太陽光発電工事経過を

お届けします。

 

前回までにスクリュー杭を打ち込む過程をお届けしたので

今回は、架台の組上げ工事の内容を知っていただこうと思います。

 

弊社では、現場に到着する段階である程度、組み上がっている架台を

採用しています。

 

こうすることで工期を大幅に短縮できます。

また、見栄えもきれいに仕上がります。

手前の架台は、仮置きしている最中です。

見ていただくと分かるように、最初の段階でほぼほぼ形ができています。

あとは、巻き付けている段ボールははがして、スクリュー杭の

フランジに合わせて取り付けるだけ!!

 

弊社は、アルミの架台を採用していますので、万が一、現場で

不測の事態が起こった場合でも加工して使えるので臨機応変な

施工が可能になります。

 

ここまでくれば、あとはパネルをつけると

発電所の全景がみえてきます。

 

次回はパネル設置の内容を書きたいと思います。

 

お楽しみに

 

 

コメントをお願いします

お問合せはフリーダイヤル0120-054-405までどうぞ!