家庭用、産業用太陽光発電は創業24年の和上ホールディングス

太陽光発電の和上ホールディングス

特定建設業 許可(特-27)第144257号

カーポートの緩和

2015年11月05日

カーポートは車庫としての容積率 緩和があります。

建ぺい率も緩和になるの場合があり

一定の条件を満たす開放性のある カーポートなどは建築面積の算定上の緩和規定があるので、結果として建ぺい率の緩和ができます。

高い開放性のある建築物の建築面積不算入措置があり

カーポートなどは建築面積が先端から1mまでは不算入措置があります。

建築面積とは、外壁又は柱により囲まれた部分の水平投影面積で算定されることになっています。

通常は、壁が無くても柱があれば、柱に囲まれた部分がどんな用途であろうと、建築面積に算入されることになります。

ただし、一定の条件を満たす場合、柱があっても建築面積の不算入措置が適用できる部分があり 

それが、「高い開放性を有する建築物の建築面積の不算入措置になります。

緩和条件を満たす条件としては

1、外壁の無い部分が連続して4M以上であること

2、柱の間隔が2M以上であること

3、天井の高さが2.1M以上であること

4、地階を除く階数が1であること

この不算入措置は、建築基準法の建築面積の定義で規定されていますので興味のある方は見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお願いします

お問合せはフリーダイヤル0120-054-405までどうぞ!